ラッピングあれこれ
包

慶事と弔事の包みのオキテ

人に何かを贈る場合、それがお祝いか(慶事)お悔やみか(弔事)で包み方が変ります。弔事はお葬式、慶事は結婚式や内祝いなどのお祝い事全般ですが、その他の贈り物も全て慶事の包み方をします。
つまり、お葬式の時だけは包み方が違うというわけですね。

この時、絶対してはいけない事は、慶事に弔事包みをしてしまうこと。間違ってお葬式に慶事包みをしてしまっても、慌ててしまったと解釈して咎められたりはしませんが、逆はダメです。せっかくのおめでたい席で相手に不快感を与えてしまうでしょう。そんな間違いのないように、慶事包みをしっかりと覚えておきたいものですね。

それでは、包みには欠かせない「包装」「表書き」「水引き」の基本をご紹介します。



ご覧になりたい項目へJUMPできます
包装は「右前」で // 正しい「表書き」 // 多彩な水引き-その種類と意味



包装は「右前」で

包装紙で包む時の原則は、常に右側の紙をいちばん上に折り重ねる「右前」です。裏側で上下(包みの用語ではそれぞれ天地と呼びます)が重なる時は下側(地)を上にして折り重ねます。これは開ける時に開けやすいように、また良いことは上向きに、包みから落ちたりしないようにという気持ちが込められています。もちろん弔事の場合はこの逆になります。つまり、左と上側(天)が上に重なるよう折ればよいのです。



正しい「表書き」

「表書き」とは、贈答品の上からかけられたのし紙に書く「御祝」や「お中元」の文字、そして贈り手の名前のことです。もちろんご祝儀袋には掛け紙をせず直接袋に書きます。

「表書き」は中央の水引きを境に上段中央に「御祝」などの文字、下段中央、あるいは左側に贈り手の姓名を墨書きします。毛筆に不慣れな方も多いでしょうが、これはボールペンや万年筆を使っては失礼にあたります。ただし筆ペン、サインペンなら使っても構いません。姓名はフルネームを楷書で書くようにしましょう。「表書き」は、慶事の場合はムラのない濃い墨で、弔事の場合は薄墨で書くと、より気持ちが伝わります。




多彩な水引き-その種類と意味

「水引き」とは贈答品の「のし紙」の上に蝶結びなどで結んである細い紐の束ことで、和紙を縒った「こより」に水糊を引いて固めたものです。最近の「のし紙」には印刷で済まされている場合も多いですね。この水引きの色や本数、結びの形などにもたくさんの意味やきまりがあるのです。

〜色〜 代表的には慶事には白赤や金銀を、弔事には白黒や銀一色を用います。いずれも薄色(白、銀)を向かって左に結ぶのが一般的です。
水引きにはその他にも黄や緑をはじめ様々な色に染められた色水引きがあります。これは主に細工用として用いられ、鶴亀宝船などのおめでたい細工水引き、さらには多種多様の芸術品が創られています。
〜数〜 水引の本数は、慶事は奇数、弔事は偶数とされています。5本前後が多いようです。
〜形〜 これも様々な種類があり面倒な気がしますが、下記の良く使われる形を知っていれば大丈夫でしょう。

1. 両輪(もろわな)結び

一般的に最も良く使われる形で、いわゆる蝶結びのこと。あらたまった慶事でなくても贈答全般に使われます。弔事には使用しません。


両輪結び

2. あわび結び

両輪結びよりも格式のある結び方で、あわじ結びとも言われます。慶事の贈答用に使用します。


あわび結び

3. 結びきり

ほどけにくい事から、二度目はないようにとの気持ちをこめて、婚礼と弔事に限って使われるこま結びです。婚礼(慶事)の場合は水引の両端を上向きに、弔事の場合は下向きに結びます。

使用する水引きの色は前述のように慶事と弔事で使い分けます。


結びきり(慶事)



結びきり(弔事)


包包へ戻る


home 全国名菓探訪ホームページへ戻る


全国名菓探訪への掲載希望店・お問い合わせはこちらへ [post@meikatanbou.com]

「和・洋菓子用貼り箱 化粧箱」菓子・食品包装資材の既製品販売[パッケージ工房]

菓子、食品パッケージの企画、デザイン、印刷[株式会社 大鹿印刷所]

Copy light(C) Ohshika Printing Co.,ltd All right reserved 2006